スタッフブログ
RECRUIT ~スタッフ募集~

お問い合わせ・ご予約

美容室 - NewClassic-
東京都目黒区柿の木坂1-17-9
シャンポール柿の木坂1F
東急東横線・都立大学駅 徒歩3分

詳しいアクセス、地図はこちら>>

お問い合わせ・ご予約

Counseling

スタイリストが理想のヘアスタイルを Produce & Counseling

gallery

gallery

HOME > Hair Counseling > その他の悩み > 簡単!コテ巻きを細かく紹介

Hair Counseling

< パーマ  |  一覧へ戻る

簡単!コテ巻きを細かく紹介


コテ巻きを一度マスターしてしまえば、ヘアアレンジの幅はグッと広がります!!

簡単内巻きスタイルを細かくコマ送りで紹介します!

00.jpg

1、何もしていないナチュラルな状態です。   
  髪の絡みはとかしておきましょう。

  アイロンの温度設定は大体160℃前後で
   設定しましょう。(ダメージが酷い方は低めで)

  今回は片側を3パートに分けて巻いていきます。
  髪の量が多い人は4パートずつくらいに分けましょう。
  





01.jpg
2、耳前の毛束を分けとって、前から見て「ハ」の字を
  イメージして、斜めにコテを入れます。
  コテは持ち手が上になるような持ち方です。
  自分がカールを作りたい位置の3センチ上にコテを
  あてるイメージです。
  (今回はアゴ下にワンカールの設定なのでアゴ位置で
   コテをあてます。)






02.jpg

3、コテのハンドルを開いて髪を挟みます。
  










03.jpg

4、毛先を持って挟んだ所を動かさずに一回転させます。
  毛先を離さないで持ちながら巻いていく事が、
  毛先までツヤとカールがキレイに出るポイントです!

  この形を秒キープ!








04.jpg

5、持っていた毛先を離して、毛先2、3センチ残して
  アイロンを下にスライド させます。
  (毛先は髪の中で一番ダメージしているので
  熱が入る時間を一番短くしたいため、毛先2、3センチを
  逃します)

  この形も秒キープ!







05.jpg

6、毛先までスライドさせて、コテのクリップの中に髪が
  全部収まっている状態。ここはキープせずに
  流れ作業で7番の動作に移行します。









06.jpg

7、6番の動作からスムーズにカールを作りたい位置で
  コテを巻き上げます。この状態で
秒キープ!










07.jpg

8、7番で作ったカールを崩さないようにコテをはずして
  手の中で
秒冷まします。










08.jpg

9、いったん冷ます事で、よりキープ力が高まり
  カールが付きにくい人や、とれやすい人でも   
  持ちがよくなります!










09.jpg


10、耳後ろのパートの毛束も同じような手順で
    巻いていきます。










010.jpg

11、バックのパートの毛束も同じように巻いています。
    これで左サイド終了です。











011.jpg
   
12、左サイドが巻き上がりました!











012.jpg

13、続いて右サイドです。「ハ」の字の右側をイメージして
   持ち手が上になるように持ちます。

   左側と同様に自分がカールを作りたい位置の3センチ 
   上にコテをあてるイメージです。








013.jpg

14、左側と同様に毛先を持って挟んだ所を動かさずに
   一回転させます。

   この形を秒キープ!









014.jpg

15、左側と同様に持っていた毛先を離して
   毛先2、3センチ残して、
   アイロンを下にスライド させます。

   この形も秒キープ!








015.jpg

16、左サイド同様に毛先までスライドさせて、
   コテのクリップの中に髪が
   全部収まっている状態。ここはキープせずに
   流れ作業で17番の動作に移行します。









016.jpg


7、16番の動作からスムーズにカールを作りたい位置で
   コテを巻き上げます。この状態で
秒キープ!









017.jpg

8、17番で作ったカールを崩さないようにコテをはずして
   手の中で
秒冷まします。










018.jpg

19、耳後ろのパートの毛束も同じような手順で
    巻いていきます。











019.jpg

20、バックのパートも同様に巻いていきます。











020.jpg

21、ここまででも内巻きコテスタイルは完成していが    
   もう少し立体感やツヤや表情をつけるために、
   サイドの表面の髪の毛だけ分けとります。    
   









021.jpg

22、これまでと同様に表面だけで巻いていきます。











022.jpg

23、右サイドも同様に、サイドの表面の毛だけ
    分けとります。











023.jpg

24、これまでと同様に巻きます。











024.jpg

25、これで両側とも完成です!
    片方ずつ3パートに分けて巻いて、
   さらに表面の毛も巻いたので、毛先のカール同士が
   重なりあって立体感のある内巻きになります。









025.jpg

26、最後に前髪です。前髪に自然な丸みを作ると
   グッと今っぽさと女性らしさがアップします!
   毛先だけ軽く挟んで、キープせずにスライドさせながら
   抜きます。    
   (このとき、スライドさせずにこの動作のまま止めると、
    かなりクルっとした前髪になるので、加減を調節して
    ください。毛を挟んでいるときにコテを少しでも
     反らすとコテの痕が付いて毛が折れるので、
     気を付けてください。)




026.jpg

27、26番で挟みきれない前髪のサイド側も
    巻いていきます。
    このひと手間が小顔効果をアップさせます。









027.jpg

28、27番と同様に逆側も巻いていきます。











028.jpg


29、前髪もサイドの髪と同様に表面だけ分けとり
    また同じように巻きます。
    こうする事で、より自然でふんわり丸みのある
    前髪になります。








029.jpg

30、完成です!!
  
女性らしさが格段に違います!
  
慣れれば10分もかからないので
    どんどんチャレンジして
    自分の技にしてみてください!









                   before                                                    after
 00.jpg029.jpg   

スタイリスト  野原恵 齋藤豪











< パーマ  |  一覧へ戻る

このページのトップへ